旅の途中の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS エネルギー・スポット −3− 押戸石

<<   作成日時 : 2005/05/20 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
5月16日(月)に熊本県の南小国町大字中原にある「押戸石の丘」に行きました。ここは昨年の10月にも訪れた場所ですが、あまりにも素晴らしいところなので、また行きたいなぁ…と思っていたのです。今回は「私も行ってみたい」という友人達と5人でその地へと向かいました。

大分自動車道の日田ICを出て、国道212号を南へと進み約1時間くらいで着きます。この丘は標高845mあり、山頂付近にストーンサークルとされる石群が点在しています。その中でもメインの龍頭石は、三角錐のピラミッド形で高さが5.3m、周囲15.3mの巨石です。その石も含めていくつかには約4000年前のシュメール文字や古代ケルトの太陽神のペトログラフなどの岩刻文字をかすかにみることができます。

古代シュメール語で刻まれたものは、「神・水(雨)・祈る」を表わしているそうで、シュメール系の海洋民族や縄文文明の祭礼の場であったと言われています。さらに、龍頭石に向かって一列に点在する石があり、一説にはメインの石を蛇(龍)の頭とし点在する石とで龍体を示す…ということです。蛇や龍は「水」や「エネルギー」を表わしますから、石に刻まれたシュメール語とも繋がりを感じざるを得ません。

ここからの景色は東側に九重連山、南側には阿蘇山をみることができ、見渡す限り文明の利器を見つけることが難しいくらい、360°絶景です。阿蘇には何度も行ったことがありますが、日本にもこんなところがあったのか…と感動してしまいます。「地球」を感じることができるし、宇宙から見た地球はさぞかし美しいだろうなぁ…という思いが自然に湧いてきます。

この日はお天気にも恵まれ、探険には最高の日でしたが、な・な・なんと押戸石の丘で映画の撮影が行なわれていて、ヒーリングのはさみ石あたりには近づくことができませんでした。スタッフの人々で50人以上はいたでしょうか。素晴らしい場所なのでロケーションに選ばれたのでしょうが、聖地にいながら、現実にもどされた感もありました。

しかし、その映画は「風の打動」というそうで、戦争や災害などで傷ついた人々の心を癒す目的で自然と愛をテーマに撮られていたようです(監督さんの話をダンボ耳で聞いてしまいました)。すごくお天気の良い日でしたが、突然の雨を降らせるシーン撮りだったようで、地元の消防団の方々など、映画の撮影っていろんな方が関わっていて大変そうでした。きっとクランクアップの歓びもひとしおなのでしょう。

ということで、昨年訪れた時とは全く雰囲気が違っていましたが、人がたくさんいても人が誰もいなくてもその石は同じようにたたずんいて、悠久からの時の流れを見つめ続けています。龍頭石には再会できたご挨拶をして平和の祈りを捧げました。私達の想いや映画監督さんの想いがここから伝わっていけばいいなぁ…と思います。

一緒に行った友人達は初めてだったので、少し残念そうでしたがまた機会があったら、一緒に行きましょうね!

※写真は、丘の中腹から見た押戸石の石群の一部。石の表面を覆うような感じで出ている石のエネルギーが少しわかると思います。

☆ 下記のサイト↓もぜひ参考にされてくださいね ☆

<押戸ノ石(おしとのいし)の丘>
http://www.geocities.jp/tulipcities/kumamoto/oshito.html


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
押戸岩、ご一緒させて頂いてありがとうございました。
素晴らしいお天気の中、楽しいお出かけでした。
龍頭石のシュメール文字・・不思議でしたねえぇ、いったい誰が?
映画の撮影にぶつかるなんて・・是非映画が公開させたら、見なくっちゃぁ。私達に大きな気付きをあたえてくれる映画かも(笑)?
帰ってお風呂上がりに鏡を見てビックリ、Tシャツの形に首の周りが真っ赤、さすがに5月の日差しは紫外線たっぷり・・だったのね。
まゆさん
2005/05/20 11:03
こちらこそ〜。
楽しかったですね…探険にハプニングはつきものです(笑)。
私も映画観たいなぁと思います。あの横に…いや下の方に私達がいたんだぁ〜ってね(>_<)。1カットしか見てないので前後のお話はどうなんでしょうね。
押戸石の丘は日陰がないから、誰かさんも次の日鼻の先が真っ赤でした。
24日には、広島県宮島を探険してきま〜す。(岐阜は秋頃に…)
また一緒に探険しましょう!
沙季
2005/05/21 00:25
拝啓 「押戸ノ石巨石群」につきまして下記へリンクを張っていただければ有り難いです。
http://www.geocities.jp/tulipcities/kumamoto/oshito.html
敬具
熊本大学総合情報基盤センター
入口紀男
norioiriguchi
2007/10/15 14:32
ブログの方にはリンクはらせていただきました。
HPのリンク集へは今月中にはらせていただきます。
今後多くの方が押戸ノ石巨石群を訪ねられることでしょう。

HPのほうでご紹介しております松尾みどり先生と吉田信啓先生の対談共著『意中意識への扉』も興味深い一冊だと思われます。機会がありましたら一読されてみてくださいませ。
沙季
2007/10/16 00:51
↑訂正です。

『意中意識への扉』⇒ 『宇宙意識への扉』です。
沙季
2007/10/16 00:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
エネルギー・スポット −3− 押戸石 旅の途中の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる