旅の途中の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS さくら 舞い散る中に…

<<   作成日時 : 2005/04/17 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

会社のお花見会が先日ありました。
近隣の公園だったのですが、70人くらいの大人数です。バーベキューだったので肉食をしない私は、まるでウサギのようにキャベツばかり?食べていました。余興でクリスマス会で盛り上がった『マツケンサンバ2』がまた登場しました。今回は腰元ダンサーズの人数が一挙に増えて、みんなで踊りました。楽しかった〜♪

この日のこの時間のために、私はみんなが手に持つあのキラキラ棒を14セットくらい作ったのです。当のマツケンもどきさんは、直前まで練習し過ぎて本番はガタガタでした(>_<)。見た目はバッチリマツケンなのに、リズム感のなさが…とても笑えます。(ごめんなさい)

ところでみんな桜を楽しんだのかしらん。夜桜も素敵ですが、やはり青空の下の桜がとてもきれいに思えます。通勤途中に桜並木があるのですが、爽やかな朝の風に舞う桜の中を通るのは、何とも言えない気分になります。あの淡いピンク色がね…いい感じですよね。桜をほんとにいいなぁ…って思えるようになったのは、ここ数年かも知れません。

昨年は熊本県の「一心行の桜」と「高森峠の千本桜」を見に行きました。桜の聖地と言われる奈良県吉野の桜も200種3万本という圧倒的な数でそれは見事なものでした。日を追うごとに桜色が山を登っていく様を見られるのですから素敵ですよね。

松尾みどりさんも話しておられましたが、桜を見て「きれいだなぁ…」という想いが波動をあげるのだそうです。今は東北あたりで開花しているのでしょうか…南からずっと上昇波動が日本全国を駆け巡っていくのですね。桜の花のような淡いピンクの波動なのかな。

最近では音楽シーンも同じタイトルの曲がたくさんあって、「桜」という歌も何曲かありますよね。今一番頭の中を流れているのは、ケツメイシの「さくら」です。ヒュルリーラ ヒュルリーラ…までは難なく鼻歌気分で歌えますが、それから先のRAPが…ちょっとね…。彼らの「花鳥風月」やオレンジレンジの「花」とか大好きだけど必ずRAPがはいってるから、RAPではない同じところばかりを歌ってしまいます。

でも「桜」って開花する時はワクワクしたうれしい感じになるし、いざ咲いたら淡いピンクが優しい気持ちを呼び起こしてくれるし、散る時は何となく儚い哀愁のような感覚があるし、いろんな気持ちにさせてくれる不思議な花です。桜…やっぱり好きだな…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
70人のお花見・・すごいですね・・。。
マツケンサンバで盛り上がったとなれば、まわりの方々も余興付きのお花見で楽しんだでしょうね。
私は、10人ほどですが、餃子花見をしましたよ。外で食べると、いろんな物が美味しいですよね(沙季さんはキャベツだった?)。
山王公園のサクラも満開で、食べているとお皿やお鍋の中にさくらの花びらが舞い降りてきて・・一緒に食べちゃいました(笑)。

昨日のすぴこん、お疲れ!私はパワフルに5〜6人のタロットをさせて頂きましたが、楽しくて増々はまっていきそうです。
今度は沙季さんに 是非リーディングお願いします。
まゆさん
2005/04/17 10:29
すぴこん、お疲れ様でした。またまた楽しかったね〜。
まゆさんにタロットしてもらった友達も喜んでいましたよ。
私も知人やまたその知人の方など(知らない人)のタロットをたまにボランティア?でやっています。まゆさんの堂々たる占いっぷりに触発されたかも〜(笑)。私も次回はブース借りようかなぁ。また違う楽しみだね!
沙季
2005/04/20 23:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
さくら 舞い散る中に… 旅の途中の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる